30代独身男の気になる気になる

日々集めた情報と実体験から得られたことを紹介します

G9X mk2 購入 海外旅行編13 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

 

f:id:satokiti77:20170817114713j:plain

 

13日目:リマ観光へ

今日はリマ観光して、日本へ帰る日です。

リマ観光には、安全面を優先して、ミラブスという観光バスに乗ることにしました。

www.mirabusperu.com

 

当日に、ミラフローレンス近くのカウンターに行って、申し込みしました。14:30~17:30の3時間コースの回を申し込みました。

 

バスに乗る前に、昼食。

世界一の朝食と言われる「エル・チニート」に行ってきました。

チチャロンという豚肉のバーガーが名物のようです。

豚肉がとてもジューシーで、揚げチャーシューバーガーって感じかな。味は最高でした。日本で出しても流行ると思います。

f:id:satokiti77:20170817115758j:plain

f:id:satokiti77:20170817115810j:plain

 

ミラブスに乗車しました。席は3分の1ほど埋まってました。

f:id:satokiti77:20170817115347j:plain

f:id:satokiti77:20170817115856j:plain

 

ミラフローレンスから旧市街に向かいます。

リマの有名な建物あたりをバスから見ます。

f:id:satokiti77:20170817120209j:plain

f:id:satokiti77:20170817120218j:plain

その後、サンフランシスコ教会で降りて、中に入りガイドの人が説明してくれました。

ガイドは2人いて、スペイン班と英語班の二つに分かれました。

残念ながら、中で写真は禁止でした。

ここは、広場にハトがたくさんいました。無邪気に子供がハトと遊んでいるのは和みました。

f:id:satokiti77:20170817120424j:plain

f:id:satokiti77:20170817120434j:plain

 

このあと、旧市街のショップに立ち寄り、ミラフローレンスへ戻ります。

f:id:satokiti77:20170817120555j:plain

 

ミラフローレンスには17:30到着予定のツアーだったのですが、ラッシュアワーに会い、18:00過ぎぐらいの到着となりました。

 

これで、旅行は終わり。

ミラフローレンスから出るエアポートシャトルバスに乗ってリマ空港へ向かいました。

 

エアカナダでリマからトロントを経由して成田へ向かいます。

空港に到着したのは、20:00ごろ。

早く中に入って、ラウンジで休みたいと目論んでいたのですが、エアカナダのカウンターはOpenしていませんでした。出発は翌日の2:47です。Openしたのは0:00ぐらいでした。これを知っていれば、リマで晩飯ゆっくり食べて、空港に向かえばよかったと後悔でした。現地の航空会社は常にOpenしていたので、勉強になりました。

 

 

無事、成田に着き、

無事、家に着きました。

 

これで、2週間のカナダ・ペルー・ボリビア旅行は終わりです。

次に、ラウンジの体験談や、今回の旅のために調達して良かったものを紹介したいと思います。

 

 

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編12 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

 

f:id:satokiti77:20170813202726j:plain

 

12日目:ナスカ

今日は、イカからナスカへ行く日。

前日に、ワカチナでCruzdelSurの運転手に連れてこられたツアー会社で申しこんだツアーに参加してきました。

朝8時ぐらいに、ホテルに昨日の運転手の方が迎えに来てくれて、イカのCruzDelSurのバスターミナルに連れて行ってくれました。

その後、バスでナスカへ。

ナスカに行くと、現地のツアー会社の人が待っていました。

 

そこから、現地のツアー会社のオフィスへ車で移動。

そこで、衝撃の事実が・・・

前日には、12時にFlightと聞いて、リマへ戻るのも早くていい!と思って申し込んだのですが、当日は午前中は曇りでナスカの地上絵のフライトは一切なかったとのことです。よって、私のフライトは2時40分ごろにずれこみました・・・。やばい。3時30分のリマ行きのバス予約しちゃってた・・・。間に合わない・・・。これに乗り遅れるとリマに着くのも深夜・・・。リマは治安悪い・・・。と不安がよぎりました。

 

バスを予約していることをツアーの人に伝えると、ナスカのフライトを担当していたAERO PALCAZUのスタッフと連携してくれて、「あなたを3時30分までにバスターミナルに連れて行ってあげる」と言ってくれました。

f:id:satokiti77:20170813203630j:plain

f:id:satokiti77:20170813203930j:plain

 

飛行機は6人乗りでした。事前にどういうルートで回るかを教えてくれました。傾いた羽の先に見えるよーと言ってくれました。

f:id:satokiti77:20170813203947j:plain

f:id:satokiti77:20170813203959j:plain

 

ナスカの地上絵が近づくたびに、パイロットが教えてくれるのですが、なかなか自分で見つけにくかったです。けど、見つけたときはすごくうれしいです。40分ぐらいのフライトだったけど見れてよかった。晴れてよかった。

f:id:satokiti77:20170813204104j:plain

f:id:satokiti77:20170813204118j:plain

 

事前にパイロットの方にフライトが終わったらバスターミナルに行くのでと言っときました。フライトが終わり、AERO PALCAZUのカウンターに猛ダッシュ。荷物を受け取り、飛行場の入り口へ。そしたら、AERO PALCAZUのスタッフが車を待機してくれてました。CruzDelSurのバスターミナルへは3時30分の出発2分前に到着!!

スタッフの方は、「どうだ、時間通りだろ!」とかっこいいセリフを言って帰っていきました。

 

それから、リマへバスで。

リマに着いたら、また安心のCurzDelSurのタクシーの運転手がうじゃうじゃいたので、ホテルまで頼みました。

 

ホテルは、Booking.comでCasa Suyayのホテルを予約していました。治安のよいミラフローレンス地区にしました。結果的に翌日のバスツアーに出発地から近かったり、おいしいお店に近かったり、エアーポートシャトルバスの乗り場に近かったりとよいホテルでした。

f:id:satokiti77:20170813204744j:plain

f:id:satokiti77:20170813204801j:plain

 

明日は、最終日です。リマ観光後に日本に戻ります。

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編11 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

f:id:satokiti77:20170809193914j:plain

 

11日目:イカへ

今日は、ラパスからリマを経由して、ナスカの地上絵を見るためにイカに行きます。

 

<リマ空港へ>

前日にウユニからラパスまで飛行機で移動。

今日の早朝便でラパスからリマへLATAM航空で行きます。

 

次の便まで、空港で一夜を過ごすことにしました。

・ラパス空港の近くに良いホテルがなかったこと

・国際便であること

・ラウンジで休めばいいじゃんと思ってたこと

で決めました。

 

結局、ラウンジに入れたのは2時ごろでした。

盲点だったのは、ラパス空港は一旦Closeするということ。

深夜1時半ごろにカウンターがOPENし、ようやく手続きして中に入れました。

 

早朝便で、ラパスからリマへ

 

<イカ行きのバスに乗る>

リマについたあとは、エアポートシャトル便で、メトロポリタンに一番近いホテルで降りました。ミラフローレンスの主要なホテルに泊まってくれます。私も含めて3名の利用でした・・・。1人の利用と時間帯さえ合えばエアポートシャトルのバスがお得だと思います。エアポートシャトルのバスは、USB充電やWifiがついています。

 

www.airportexpresslima.com

 

その後、メトロポリタンのバスに乗って、Cruz Del Surのバスターミナルに一番近い停留所で降りました。

 

Cruz Del Surまえは、一番近い停留所から約10分ほど歩いて着きました。

Cruz Del Surでは、Visaのクレジットが使えるようでした。

イカ行きのバスも当日の窓口購入で余裕でした。車内は3割ぐらいの埋まりようでした。

 

Cruz Del Surのバスは、Wifiついてて快適でした。

Cruz del Sur - Portal Web

 

 

<イカでナスカの地上絵ツアーに申し込む>

イカについた後、Cruz Del SurのIDをぶらさげたタクシーの運転手がわんさかいました。ホテルはバス停から近かったのですが、暑かったのでタクシー使いました。

 

運転手と会話してると、ナスカの地上絵100ドルで出すいいツアー会社知ってるよと言ってくれました。相場も知ってたので、まぁまぁいい値段だしツアー会社に行って内容を聞くことにしました。ツアー会社は、イカの近くのワカチナにありました。ワカチナとイカの往復の料金はいらないからと言ってくれました。

 

ツアーの内容は、

・Cruz Del Surのバスに乗って、イカからナスカへ行く

ナスカでのフライト

が込みこみで100ドルでした。

 

ホントは、イカでフライトして、フライト後リマへすぐ戻ってゆっくりしたいなと思ってたのですが、交渉やツアー会社探すのもめんどいし、ツアーを申し込みました。結果、ナスカへ行くことが功を奏しました。その内容は次の日のBlogで。

 

イカに戻って、ホテルは、Booking.comでHostal Chaska Icaのホテルを予約していました。写真は撮り忘れました。ここは窓が完全に閉まらなくて、騒がしくてあまり良く無かったです。朝飯もついていませんでしたし。オーナーの方は親切でした。

 

 

明日は、ナスカの地上絵フライトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編10 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

 

f:id:satokiti77:20170806195513j:plain

 

10日目:ウユニ塩湖ツアーへ

今日は、サンライズ・スターツアーに参加しました。

朝の3時か4時?にBrisa前に集合です。

前日と同じように、最初に長靴を取りに行って、鏡張りがある場所に連れて行ってくれました。

 

行ったときのウユニの気温はー12℃

事前にニット帽子と手袋あったほうがいいよと教えてくれたので、Brisaの隣のお土産屋で買いました。帽子と手袋で50ボリぐらいだったかな。

ニット帽子と手袋は大活躍、日本から持ってきたカイロも大活躍、だったのですが、

足元の長靴と水から伝わる寒さは耐えられませんでした。靴下を二重にしてもです。

写真を撮っては車に戻りの繰り返しでした。

 

f:id:satokiti77:20170806200111j:plain

f:id:satokiti77:20170806200115j:plain

f:id:satokiti77:20170806200122j:plain

f:id:satokiti77:20170806200125j:plain

f:id:satokiti77:20170806200130j:plain

f:id:satokiti77:20170806200133j:plain

 

星空はg9xの星空モードで撮れました!!

行った日はあいにくの満月に近い日で明るかったのですが、撮れていました。肉眼でも星は明るい星しか見れないほどでした。

星空と人物を綺麗に写すモードがあったのですが、すべて星空モードのデフォルトのモードで撮りました。綺麗に取れて満足です。星空撮影時には、g9xと一緒に買ったPIXIを使いました。こちらも問題なく使えて満足です。

 

この日は、ツアーの後、朝の7時ぐらいにウユニの街に戻ってきました。

そのあと、ホテルに戻ってオヤスミ。

ホテルの方がチェックアウトすぎても、2時までは部屋にいていいよと行ってくれたので、寝不足が解消されてとてもよかったです。Hotel de Sal Casa Andinaのオーナーさんありがとう!!

 

そのあと、ウユニの空港にいって、ラパスに向かいました。

ウユニのチェックカウンターは出発ギリギリまで開きませんでした。チェックカウンター過ぎてもロビーしかないので、空港に行くのはギリギリでも大丈夫だったなと思いました。なお、ウユニの空港では空港税を徴収されました。

 

明日は、徹夜でのラパス、リマ、イカへの移動です。

 

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B

 

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編9 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

 

f:id:satokiti77:20170804105220j:plain

 

9日目:ウユニ塩湖ツアーへ

 

今日は10時からデイツアーを開始です。集合場所は、Brisaツアー会社の前です。

 

ツアー開始

 

ランドクルーザーで行きました。

私を含めて、計6人のツアー客がいました。

f:id:satokiti77:20170804105549j:plain

まず、長靴が保管している倉庫へ行き、自分の足のサイズに合った靴を自分で選ぶことが出来ます。

 

その後、列車の墓場へ行きます。

f:id:satokiti77:20170804105654j:plain

 

その後、博物館へ

f:id:satokiti77:20170804105831j:plain

 

その後、昼食会場へ

ウユニでダカールラリーやってたんですね。

f:id:satokiti77:20170804105853j:plain

 

昼飯は、チキンカツレツにサラダにオレンジとに水にコーラーと豪華でした。昼飯が豪華だねーとツアーのみんな言ってました。

f:id:satokiti77:20170804110107j:plain

 

ここには、世界の国旗が飾られていました。日本の国旗はひっそり真ん中あたりに小さくあります。今度行かれる方は、立派なものを持っていくとよいかもしれません。

f:id:satokiti77:20170804110222j:plain

 

その後、サボテン?の島へ

f:id:satokiti77:20170804110337j:plain

 

その後、誰もいない、綺麗な塩湖の場所へつれていってくれました。

ここで、おなじみのトリック写真をたくさん撮りました。

見渡す限り白!広い!

太陽が塩湖に反射して目が開けられないぐらいまぶしかったです。(サングラスと帽子、日焼け止めは必須です)

f:id:satokiti77:20170804110457j:plain

 
f:id:satokiti77:20170804112622j:image

↑これはg9xの写真ではないです。

 

ドライバーの方はiphoneがいいとしきりに言ってました。ピントが合いやすいんでしょうね。私もg9xでチャレンジしたのですが恐竜にしかピントが合わず、撮影が難しかったです。練習しておけばと後悔でした。

 

そして、このあと、夕暮れになる前に、水がある場所へ連れて行ってくれました。

乾季のウユニに鏡張りの写真です。

ご覧のとおり反射するものが山しかないです。空の色がそのまま水に映っています。

乾季のウユニに来ておもったのは、反射するものがあってこそなんだなと切実に思いました。雲があるとよかったなー。

f:id:satokiti77:20170804110658j:plain

f:id:satokiti77:20170804111034j:plain

f:id:satokiti77:20170804111009j:plain

f:id:satokiti77:20170804111050j:plain

f:id:satokiti77:20170804111103j:plain


f:id:satokiti77:20170804112950j:image

↑これはg9xの写真ではないです。同じツアーの人と写真を共有した中でのお気に入りです。ソニーのミラーレスだったかな。


f:id:satokiti77:20170804113257j:image

↑これはg9xの写真ではないです。私を撮ってもらいました。

 


f:id:satokiti77:20170804114029j:image

 ↑これはg9xの写真ではないです。

こんな感じでツアーの人と鏡張りを楽しみました。ドライバーの方が盛り上げ上手でツアーはとても楽しかったです。

 

 

日が暮れるまで、写真を撮り、その後、ツアー会社の前まで戻ります。

鏡張りの場所から、ウユニの街までは30分ぐらいで近いです。

帰ってきたのは、7時ごろです。

 

今日のホテルは、場所を変えて、Booking.comHotel de Sal Casa Andina を予約していました。ここは、ウユニの街中で唯一の塩ホテルです。せっかくだからと、周りのホテルの値段より高かったですが、奮発しました。オーナーの方は、日本語の単語を少し知ってて、単語を教えるのがおもしろかったです。この部屋が一番小さくて、1人で利用するにはとてももったいなかったです。部屋にはオイルヒーターとミネラルウォーターが用意してありました。

f:id:satokiti77:20170804111555j:plain

f:id:satokiti77:20170804111828j:plain

f:id:satokiti77:20170804111649j:plain

f:id:satokiti77:20170804111812j:plain

 

明日はウユニ塩湖サンライズ+スターツアーです。 

 

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編8 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

f:id:satokiti77:20170731194908j:plain

8日目:ウユニへ

 

今日は、プーノ→ラパス→ウユニへと、一日で行く移動日にしました。

プーノ→ラパスは、バスです。

ラパス→ウユニは、飛行機です。

この日が一番不安で、

 ・国境越えできるんだろうか

 ・飛行機の時間に間に合わうのだろか

 ・飛行機のリコンファームできてるのかな

と不安要素たっぷりのまま、突撃しました。

 

プーノからラパスへ

ネットでいろいろ調べて、ラパスに一番早く着く、TourPeruのバスにしました。

一番早く着くのは、デサグアデーロ経由の国境越えです。ネットや地球の歩き方には、要注意国境として載ってました。が、早さ優先でこちらのルートにしました。コパカバーナ経由のTourPeruのバスも同時刻にありました。そちらも人気のようでした。

 

バスはネットで予約を事前にしていました。プーノのバスターミナルへ行って、窓口で発券しました。予約できていて良かった・・・。バスは満車でした。デサグアデーロから乗ってくる人もいました。

バスターミナルでは、ネットの情報どおり、バスターミナル使用料を払う必要がありました。

f:id:satokiti77:20170731195540j:plain

 

バスはオンボロでした。空調も入れてくれませんでした。国境を越える前に、事前にバスガイドがイミグレーションカードと税関への申請書を配ってくれました。そして、イミグレーションカードについては、バスガイドが1つ1つチェックしてくれました。これはすごい助かりました。

f:id:satokiti77:20170731200049j:plain

 

ここから、デサグアデーロでの国境越えの実体験を述べます。ペルー→ボリビアのパターンです。

<ペルー側>

荷物はバスの中に置いていっていいよーとバスガイドが言ってました。荷物はバスのまま。パスポートとお金を持ってバスを降りる。バスは、ボリビア側のイミグレーションが終わった先で待ってるから、歩いてきてねーといわれました。

 

左手側のにあるイミグレーションに並ぶ。両替商もいました。

イミグレーションカードを渡す。

スタンプ押される。

終わり。

スムーズ・・・。あれ、聞いてたのと違うな・・・。荷物検査とか全く無いな・・・

 

おまえは日本人か???

はい

としか答えませんでした。

 

ボリビア側>

ペルー側のイミグレーションを出た後、100m先ぐらいのボリビア側のイミグレーションへ歩いていきます。

ペルーと同じく

イミグレーションカードを渡す。

スタンプ押される。

終わり。

スムーズ・・・。あれ、聞いてたのと違うな・・・。

何か、ペルーの出国に数ソル、ボリビアの入国に数ボリにいると聞いていたのに、まったくいりませんでした。

状況は刻々と変わっているのだなーと感じた体験でした。

 

ボリビア側のイミグレーションを無事、通過し、バスに乗り込みラパスへ向かいました。

f:id:satokiti77:20170731194908j:plain

f:id:satokiti77:20170731200341j:plain

 

ラパスヘのバスターミナルは1時間遅れで、15時につきました。ラパスのラッシュアワーはすさまじく、何時になったら着くんだろと心配になるほどでした。バスターミナルでは、両替商ありました。こちらで両替しました。ラパスは首絞め強盗とか危険な情報があったので、バスターミナルから直接、空港へ向かいました。タクシーの選択も間違えると、危険との情報もありました。そこで、バスターミナルにいた警察官にお願いしました。タクシーを探してくれました。あのタクシーはダメだとか、運賃の交渉もしてくれました。70ボリで空港までいってくれました。高いか安いかはわかりませんでしたが、安心して乗ることができました。

 

ラパスからウユニへ

事前にウユニへの飛行機をとっていました。Amaszonas航空にしました。ボリビアーノ航空はスペイン語でWeb予約が使いづらかったので。

 

また、前日にWebチェックインを済ませておきました。チェックインカウンターに行き、無事、飛行機に乗ることが出来ました。飛行機は5割ぐらいしか乗っていませんでした。ウユニへは、45分ほどのフライト。搭乗者も少ないのか、小さな空港なのか、早く出発して、早く到着して、早く荷物がでてきて、なんとも手際が良かったです。飛行機に合わせて、バスがあると聞いていたのですが・・・。バスはない、タクシーしかないよと言われました。タクシーは交渉すること無く、定額で決まってるからと看板を見せられて、そのままその運賃で行くことができました。

f:id:satokiti77:20170731202536j:plain

 

ホテルは、Booking.comHotel Jumariを予約していました。ここは、ストーブもあり、暖かかったです。また、朝飯も豪華でした。

f:id:satokiti77:20170731203149j:plain

f:id:satokiti77:20170731203206j:plain

f:id:satokiti77:20170731203222j:plain

 

 

 

ホテルに着いたのは、夜の9時前。明日のデイツアーを予約できたらいいなと思って、ダメもとで、ツアー会社前に行きました。鏡張りに強いといわれる、BrisaとHodakaに行きました。Hodakaにまず行きたかったのですが、見つからなかったです。Brisaはすぐ見つけることができました。Brisaは9時前で空いていました。ツアーには無事、申し込みすることができました。ツアーの人数が少ないと、その分払う金額が多くなると聞いていたのですが、人数はどっかのツアー会社と帳尻合わせるらしく、1人あたりの料金が一番安い料金で申し込めました。前日にツアーに申し込めたので、翌日の朝はゆっくり寝ることができました。

 

デイツアーは160ボリ

サンライズ+スターツアーは110ボリ

どちらも別々で申し込んで、交渉しなかったので、うまくいけばもっと安くなるかもです。

 

明日はいよいよウユニ塩湖ツアーです。

 

 

G9X mk2 購入 海外旅行編7 ~カナダ・ペルー・ボリビア~

2017年7月1日~7月16日までカナダ・ペルー・ボリビアを旅行しました。

そのときの記録です。

g9x mk2のカメラ設定は基本Pモード、暗めの場合は手持ち夜景モードで撮影しています。

 

旅の目的:マチュピチュに行く。乾期のウユニ塩湖で鏡張りを見る。

→どちらも達成!!

f:id:satokiti77:20170730141401j:plain

7日目:ウロス島

 

前日申し込んでいたウロス島へ行ってきました。ツアーの人がホテルまで迎えに来てくれて、船乗り場まで行きました。

f:id:satokiti77:20170730141630j:plain

f:id:satokiti77:20170730141651j:plain

f:id:satokiti77:20170730141730j:plain

 

ウロス島はトトラという藁みたいなものを組み上げて作っているようです。ウロス島に住んでいる人が説明していました。

f:id:satokiti77:20170730141920j:plain

f:id:satokiti77:20170730142001j:plain

 

説明を聞いた後、部屋に来ないか?、お土産の勧誘がありました。

その後、彼らが言うメルセデスベンツに乗りました。

f:id:satokiti77:20170730142134j:plain

トトラでできている船のようです。

この船で、対岸の別の島に行くのですが、

子供たちが各国の歌(日本語はチューリップの歌、咲いた~咲いた~)を勝手に歌ってチップを求めたり、対岸に着く間際に、10ソルだと子供がお金を回収したりしました。同じツアーの人は聞いてないよって感じで困惑していましたが、結局はみんなしぶしぶ払っていました。別に乗らなくても、乗ってきたボートは対岸まで来てたので、乗りたくない人はボートで行きましょう。

 

昼にはツアーは終わり、ホテルに戻ってきました。プーノの観光通りの夜はこんな感じです。

f:id:satokiti77:20170730142542j:plain

f:id:satokiti77:20170730142651j:plain

f:id:satokiti77:20170730143111j:plain

g9x mk2で何も考えずに撮ると、料理がおいしそうに撮れませんでした・・・。色味が鮮やかになる料理モードがあるといいなー。と思いました。もしかするとあるかもしれませんが。料理自体はとてもおいしかったです。

 

ホテルは、Taykaホテルにまた泊まりました。

 

翌日はついにボリビアに行きます。